エリザベスカラー

トビーさんは今年2月に去勢手術を受けました。その後しばらくはエリザベスカラーを付けてました。きっと嫌がるだろうなぁという予想を見事に裏切り、トビーさんはエリザベスカラー大好き犬になり、傷をなめないようにするという本来の目的以外にも、次々と斬新な使い方を披露してくれました。

最初っから馴染んでました。

「ぼくに何か用?」

まずは、おもちゃをエリザベスカラーの中に入れて運ぶという高度なテクニックを身に着けました。

「渡しませんぞ?」

二本足でテーブルを覗く後ろ姿は、飼い主を寄せ付けないくらい奇妙なオーラを発しました。

 

散歩に出かけると金属探知機になりました。

「ビービービーガーガーガー」

そんなこんなで、トビーも飼い主も意外とエリザベスカラー生活を楽しんでました。トビーは今だにエリザベスカラーはおもちゃ(被り物?)の一種だと思っています。エリザベスカラーを見せると「付けてくれー!」と喜んで飛んできます。

勘違いは新たな境地を切り開くようです☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です