お迎えの日のこと

トビーをお迎えした日、ブリーダーさんから手渡されたトビーは、甘い石鹸の香りがしたね。家に着くやいなや、辺りをクンクンしながら歩きまわっていたけれど、しばらくするとケージの中できゅんきゅん泣き始めてしまったね。切ない泣き声は、私の心に刺さるようでした。

しばらくしてからケージをのぞいてみると・・・

 

あ・・。

ヘソ天でガン寝していたね。笑

 

あれから約1年経ったけど、今ではすっかり飼い主のベッドを占領するまで成長したね。無駄に開脚している感も否めないけどね。笑

「ぼく、身体柔らかいねん。」

今日も楽しく過ごそうね☆

 

カラスの羽根探知犬

ちょっと前のことになりますが、7月初旬ころはトビーさん換毛期のピークでした。ちょうど同じ頃、自然界の鳥、とりわけカラスも換羽期を迎えていたのか、外を散歩していると、やたらと羽根が落ちておりました。

あぁ・・イヤな予感。そう、トビーさんが、興奮しないはずがない。

f:id:ominahan:20170707124711j:plain「フフフフン」

(口が変だよ・・・)

草むらに顔を突っ込んでモソモソしていたかと思うと、どや顔で羽根をくわえて出てきます。最初は「ばい菌いるんじゃ?」と心配していましたが、まぁよく見つけてくるので、次第に感心すると同時に諦めの境地に達し、”カラスの羽根探知犬”という、当犬以外全くニーズのない称号をあげることにしました。

不思議なことに羽根をくわえているときは、リードをひっぱらずに同じスピードで歩くトビーさん。

f:id:ominahan:20170707125404j:plain

 

そのまましれっと家に入ろうとするトビーさん。

f:id:ominahan:20170707130006j:plain

 

「はい、ダメですよー。羽根を捨てなきゃ家には入れないよ!」

f:id:ominahan:20170707130047j:plain「へぇっ?!そうなん?!」

うんにゃ、昨日も言った。

初めて聞いたみたいな顔をしなさんな☆

行方不明

家の中では、いつもせっせとついてくるトビーさん。

「どこいくの?なにするの?トビーもするよ」

朝ゴミ出しをしようと玄関に行くと、今日はなぜかついて来ない。「骨でもかじってるのかな?」そう思ってゴミを出しに行って家に帰って来ても、トビーはいない。

「トビー!トビー!」

呼んでもトビーは出てこない。いつもだったらバタバタと飛んで来るのに・・。焦り始める私。家の中が急に広くなって静かになった感じ。

トビーがいそうなところを探してみる。押入れの中、ベッドと窓の隙間、ゲージの中、向かいのホーム、路地裏の窓、こんなとこにいるはずもないのに(悪ノリ)でも全然見つからない。気配すら感じない・・。もしかして一瞬のすきをついて誘拐されたか?!心臓がどきどきバクバク。

「さっきまで後ろをついてきたのに。クローゼットにもついてきてたのに。。」

・・・

・・・

・・・

クローゼット!

あわててクローゼットのドアを開けると・・・

「待っとったで〜〜」

【再現映像】余裕の笑顔ですが、実際はもっと焦ってました。

おそらく私がクローゼットから出てドアを閉めた時、一緒についてこようとして間に合わなかったのでしょう。トビーさんは、なんやかんやで15分ほどクローゼットの中で静かにお待ちになられていた模様。

「しっかりしてくれないと困るよ〜」

捜索から5分、無事発見。今回はかなり焦りました☆

カット

まだまだ暑さが続きますね・・・。トビーさんは朝と夜、1日2回散歩に出かけるのですが、朝は少しでもゆっくりしていると太陽がどんどん上ってきて暑くなってしまうため、6時台にはお散歩を終わらせるようにしています。

 

それでもお散歩から帰ってくると身体全体が暑いトビーさん。そういえば、毛もだいぶ伸びてきたからそろそろカットしてもらいましょう。

 

というわけでカットしてもらったトビーさん。だいぶスッキリしたねぇ。本犬もちょっと涼しくなったんじゃないでしょうか。

 

気持ちよさそうにヘソ天しながらこちらを眺めております。怖いよ☆

朝ごはん

何かをじっと見つめるトビーさん・・

 

朝ごはんっ!

 

耳バンドも装着準備オーライ!ちなみにここでしばらく「マテ」をすると、口からよだれが流れる仕組みになっております。

 

ぱくぱくぱく・・・だいたい1分くらいで食べ終わります。

 

食べ終わってからのブルブル(耳バンドを取ってる)近くにいると、たいてい冷たい何かが飛んできます。おそらくよだれでしょう・・。

 

トビーさんの朝ごはんは、いつもこんな感じです。可愛い顔してますが、ゲップもします。サラリーマンのおじさんがランチ食べ終わった時に出すのと同じ音です☆

「じゃぁ次はオヤツちょうだい♪」